Eye Care

目の負担を軽減するためのアイケア方法を徹底解説!

筋肉ほぐしてリフトアップ

焦点を変えていく

スマホやPC近くに焦点を合わせるものがとても多い現代。アイケアの重要性が多く言われています。でも、いつの間にか何時間もスマホを集中して見続けてしまうことも多いのではないでしょうか。「アイケアの一つとして、目が疲れたら遠くを見ましょう」と言われてもピンときません。そんなときは右手の親指を目の前に出してください。グーの状態から親指だけ立てます。焦点が合わないくらい近く、鼻先にある親指の爪を一生懸命見ます。その状態からすこしずつ指を遠くにゆっくりと離していってください。目の奥の筋肉がググっと引っ張られるのを感じるはずです。腕が伸びきるまで離したら、今度はまた近づけます。これを何回か繰り返します。いつの間にか目がすっきりしていることでしょう。とても近い距離の親指に焦点を当てることが難しい場合は指の爪に目印になるようなシールを貼ってから試してみてください。目の奥の筋肉をほぐしたら、血行を良くしてアイケアを。血流がよくなり、疲れをも流してしまいます。冷蔵庫に入れておいた濡れタオルを目に当て冷やしたあと、そのタオルをそのまま電子レンジで温めます。アツアツのタオルで火傷をしないように注意してなるべく熱いうちに目に乗せてください。これで目の疲れは解消です。タオルを大きなものにして顔全体を覆うようにします。アイケアだけでなく、顔全体のケアにもなり、美容にも健康にも良いです。目もスッキリ顔もリフトアップ出来るでしょう。

簡単で効果的

アイケア方法が知りたい時、口コミを確認してみることが一番早いです。あらゆるアイケア方法がある中でも人気の方法を知っておくと便利です。また、ポイントとしては、手軽に行えるアイケア方法が良いということです。最も簡単にできるアイケア方法は、蒸しタオルで温めるという方法です。口コミでもほとんどの人が試していて、効果的だと考えられています。また、この蒸しタオルを使用したアイケアは、就寝前でも効果的ですが、入浴中に行うと体も目もリフレッシュすることが可能です。また、目の疲れを解消するツボ押し体操もあり、人差し指と親指で耳をつまんであらゆる方向に引っ張ります。それを大体1分程度行うことによって、効果を感じることができるので、仕事の合間など目が疲れたと感じた時に無理なく行えます。また、基本的に目を疲れさせないということも重要です。目の疲れは、ブルーライトが原因の場合が多くあります。このブルーライトはエネルギーが非常に強いため、目の奥で散乱しやすいからです。長時間パソコンを使用することによって視界がちらつき眩しく感じる原因にもなっています。この状況が続くと目が疲れてきて、頭痛の原因にもつながっていきます。そのためブルーライトカットのメガネを使用するなどして自分なりに工夫する必要があります。また、疲れたなと思った時には目を数秒閉じて目を開けてを繰り返すと疲れが取れやすくなると言われています。これは、どこでも気軽に行なえるので、目の疲れが気になったら行なうようにしましょう。

たるみや乾燥の予防法

レディ

目の周りはたるみや乾燥による小じわができやすいエリアです。目の下のたるみは、真皮層の柔軟物質の低下や目輪筋の低下などが原因です。目輪筋は眼球を支えているとても大事な筋肉です。これが低下すると眼球が重みで下がって目の下にたるみができます。また、長時間スマホをいじっていたり、パソコン作業をしたりしていると眼球疲労によってたるみに繋がることがあるので注意が必要です。目元は肌の皮脂が少ないエリアなので、ちょっとしたことが原因で潤いが低下してしまうことがあります。そのため、普段からこまめにアイケアをすることが大切です。目の下やまぶたには、専門の保湿クリーム「アイクリーム」がお勧めです。アイクリームとは、目元の皮膚の潤いを守ってバリア機能を高める働きをする、高濃度な保湿クリームのことです。潤いを与える保湿成分だけではなく、血行促進成分やアンチエイジング成分も配合されていて、効果的にアイケアができます。アイクリームは目元の乾燥予によるしわの予防に効果的です。しかし、アイクリームとマッサージクリームは違うので、塗るときに強くマッサージをするのは厳禁です。目の周りの皮膚は極薄なので、マッサージによる摩擦の刺激を受けやすいからです。アイケアのために血行促進マッサージをするのはいいですが、その場合は専門のマッサージクリームを使用し、ソフトタッチですることが大切です。そうしないとせっかくアイケアをしても皮膚が摩擦で刺激を受けて乾燥しやすくなります。