Eye Care

目の負担を軽減するためのアイケア方法を徹底解説!

目にいい栄養素を摂ろう

体の中から目のサポート

婦人

昔に比べ現代社会は目を酷使する環境で溢れかえっています。例えば、仕事ではPC作業に追われ休憩時間や移動時間はスマホが手放せなかったり、自宅では動画やゲームを楽しんだりする生活習慣が続き、知らず知らずに目はとても疲れています。このような環境の中で、メガネやコンタクト等の何らかの視力矯正グッズを使用している人は、日本人のおよそ七割に上ります。また、長期間に及ぶ眼精疲労は目の老化を促進するだけでなく、頭痛や肩こり更に自律神経など体全体に影響を与えます。出来るだけ改善していくことが良いでしょう。このような中で今、眼精疲労や目の老化を改善する取り組みとして、アイケアが大変注目を浴びています。アイケアには目の周りを温めてマッサージしたり、サングラスをかけ紫外線から眼を保護したり、パソコン使用の際はブルーライト防止用のメガネをかけるなど様々な方法があります。そのアイケアの一つとして誰でも手軽に、体の中から改善できるサプリメントが人気を浴びています。では目にいい栄養成分とは何でしょうか。それはドライアイを防ぐビタミンAや眼精疲労や粘膜を保護するビタミンB群、目の水晶体の老化を防ぐビタミンC更に視力や眼精疲労を改善するDHAなどがあります。また高い抗酸化作用から白内障や加齢黄斑変性のリスクを低下させるルテインや、重い眼精疲労を改善する効果が実証されているアスタキサンチンやアントシアニンなども注目の栄養素です。目は体の大変重要な器官の一つです。体のアンチエイジングの一つとして、ぜひ日常的なアイケアを取り入れ目にいい栄養素を積極的に摂りましょう。

丁寧なお手入れを意識

レディ

約2mmとも言われる目元の皮膚は他のパーツよりも薄く、皮脂分泌が少ないなどのデリケートです。だからこそお手入れを慎重にするべきです。季節の変化からの乾燥や刺激を受けやすく、悩みもダイレクトに出てきやすいパーツなので、じっくりと丁寧にケアするだけで効果が実感できます。肌変化として気付きやすいシワや乾燥ですが、アイテム1つプラスさせるだけでこうしたトラブルを未然に防ぐことができ、手軽さでいえばアイクリームを塗るだけのアイケアです。ポイントとなるのは、目元専用のクリームであることで保湿効果が高く、乾燥による小ジワにも効果のある美容成分も多く含まれているという点です。アイケアを必要とするのはエイジングサインがちらほら現れる30代後半からとも言われ、水分量が減り、乾燥による浅いジワもエイジングサインの1つです。水分不足の乾燥から起こるので、対策もシンプルに保湿にこだわったアイケアで十分ですし、年代問わず若い人にもできるスキンケアなので、後々トラブルを起こさない予防にも繋がります。シンプルケアですが、配合されている成分には妥協はせず、水分保持力の高いセラミドをはじめ、ヒアルロン酸やコラーゲンが含まれているクリームを選ぶことも大事です。アイクリームを塗る時に色素沈着で茶ぐまが現れ、擦ってシワが現れるなどの不安要素がある場合には柔らかくて伸びのよさなどテクスチャーで選ぶことがポイントです。アイケア専用の化粧品は、クリーム以外にもジェルや美容液としても販売されているので、まずはテスターで使い心地を試してから購入することが大切です。

目の運動を取り入れる

ウーマン

巷で話題になっている視力回復方法の中には、目を動かして行うものもあります。眼球を動かすので目が疲れる感じもありますが、アイケアの方法としては一般的です。眼球を意識的に動かすことはあまりないため、筋肉が伸びることでアイケアにつながります。普段から意識して眼球を横や上下に動かすようにしてみましょう。凝り固まった筋肉がほぐされるため、やや疲れた感じがしてもすっきりした感覚になれます。視力を回復させたい場合には、近い場所だけを見続けることを避けなければいけません。最近はスマホなどで細かい画面などを見ることも増えています。一度アイケアのために遠くを見る習慣を作ってみるのも最適です。アイケアの方法は人それぞれですが、口コミで評判になっている方法を試すことで視力の回復にもつながりやすくなります。口コミはネット上でも見ることができますし、具体的な目の運動の仕方も分かります。アイケアとして取り入れるのであれば、あまり連続して行わないほうが良いでしょう。1回の時間は5分から10分ほどにしておき、1日に複数回行うのが適しています。目を疲れさせるのが目的ではなく、目の筋肉を柔らかくすることが大きな目的だからです。近視の場合には目の筋肉が固まってしまい伸びなくなっています。そのためできるだけ積極的に動かすことが重要なのです。遠くを見るようにしてもピントを合わせるために筋肉が伸びようとするので、口コミでも話題になっています。