Eye Care

目の負担を軽減するためのアイケア方法を徹底解説!

目を健全に保つために

体の内側から変えてゆく

女の人

日頃から目を酷使している人は、定期的にアイケアをする必要があります。まだ疲労を感じていないからといって油断をしていると、知らないところで疲労が蓄積し、一気に露呈してしまう可能性もあるので、今のうちに実践しましょう。視力を補強するのとはまた別の話なので、自分に合っているメガネやコンタクトレンズを選ぶ事が出来ても、そこで安心するのは早いです。むしろ、目が矯正器具に頼る様になり、目を支える筋力が低下する要因になるので、できるだけ矯正器具には頼らないことも重要となります。外的要因に頼るのではなく、基本的には体の内側から変えてゆく事が、とても大事だと言えるでしょう。巷で話題のブルーベリーには、目に良いとされているビタミンAが含まれています。これを主成分としたサプリメントを定期的に摂取するだけでも、立派なアイケアになるはずです。結果が出るかどうかはやってみなければわからない部分もあるものの、今はドラッグストアやコンビニで気軽に購入できたりするので、気になる場合は試してみることをお勧めします。ITソリューションが中心の時代になり、ほとんどの人がパソコンやスマートフォンを使う様になりました。これによって、アイケア製品のニーズはさらに多様化する事が予想されます。アイマスク関連の製品も、今では様々なところで手に入れる事ができるでしょう。仕事で忙しいという人も、将来の目のことを考えて、少しでも多くアイケアに時間を使う事が肝心です。

使用する際に注意すべき点

婦人

アイケア点眼液を使用する際に注意すべき点は、以前にアイケア点眼液を使って、かゆみを感じることや発疹が体中に出たなどのアレルギー反応が出たこと方の使用、また、妊娠中の女性は控えた方がよいでしょう。一般的に一度の使用では、一滴だけ目に垂らし、一日に5回程度点眼してください。目の状態によって一日の適性点眼量が変わりますので、正確な適性量を知りたい場合は、処方を行う医師に直接聞くと教えてくれます。アイケア点眼液は0.1%の製剤を使うのですが、重い症状をお持ちの方は、効果を十分に感じることのできない場合だけ0.3%の製剤に切り替えてもらえます。絶対に注意しなくてはならないのが、0.1%の製剤では効果がないからといって自己判断で使用用量を上げてはいけません。逆に視力を悪化させてしまう恐れがあるので必ず指示された使用用量を守ってください。また、点眼液を目に垂らす以外の方法で使うことや、容器の先端に眼やまぶたが触れないように注意しましょう。基本的にはコンタクトレンズを装着したままの使用に使わない方がいいでしょう。コンタクトレンズ専用の点眼液なら問題ないのでそちらの購入を勧めます。アイケア点眼液は一日に5回程度の使用が勧められていますが、万が一忘れてしまった場合は、すぐに1回分の点眼液を目に垂らしましょう。忘れてしまったからといってまとめて使用するのは絶対に控えてください。間違って多めに点眼してしまった場合は、医師に相談しましょう。

目を大事にしましょう

レディ

人間は他者や物、色を見る場合に必ず脳と目が関与しますが、何かを見続けていたり、眼球運動を繰り返していたりすると、疲れてきます。痛みがともなってくると、目の働きや眼球運動を停止させる様にサインを示します。目を閉じたり眠ったり、視線を変えたりすると緩和されますが、現代はストレス社会であり、機械化が進行しています。目を頻繁に使う様にしなければいけない世の中です。機械の一部は「ブルーライト」という第三の紫外線を放出しています。それを当たり前の様に目に浴びさせていると負担がともない、刺激が発生するのが問題点です。解決させるにはアイケアを行う必要性がありますが、シンプルなやり方では「ルテイン」や「アスタキサンチン」を摂取することです。マリーゴールドや黄色をした特定の花から抽出できる「ルテイン」はアイケアに機能します。網膜を保護しながら強化させる、ターンオーバーを速めて回復を促す、視力低下を抑制、疲れ目にならないようにサポートするなど、たくさんのメリットがあります。残念ながら「ルテイン」を食事から摂取するのは至難の業であり、健康食品から補給した方が効率は良いはずです。もう一方の「アスタキサンチン」は鮭由来、ヘマトコッカスなどから得られる色素成分になります。抗酸化力が強く、酢酸トコフェロールの1000倍以上もの作用と働きかけをしますから、アイケアにも有効です。活性酸素を取り除く力が強すぎますから、ストレスを感じている眼球にまとわり付いた活性酸素を除去して、劣化や視力低下を抑制しながら、アイケアを成立させます。