Eye Care

目の負担を軽減するためのアイケア方法を徹底解説!

目の疲れについて知る

目の疲れ対策と方法

ウーマン

パソコンやスマートフォンを当たり前のように使っている現代は目が疲れやすくなっています。目が疲れてしまうと肩こりに影響が出たり、目元のしわが増えたりといったことに繋がります。それを防ぐために大切となるのが「アイケア」です。そこで、アイケアの種類と特徴についていくつか挙げていきましょう。一つ目は「目薬」です。目薬をさすことによって目の疲れや充血などを緩和することが出来ます。目薬の種類は数多くあるのでまずは自分に合った目薬を選ぶことが大切です。二つ目のアイケアは「アイマスク」です。アイマスクにも数多くの種類があり、温める効果があるものや冷やす効果のあるものがあります。目元を温めたり、冷やしたりすることで目元周りの緊張がほぐれ疲れを解消してくれます。アイケア方法三つ目は「マッサージ」です。目元周りにある「糸竹空」、「四白」、「太陽」などのツボをマッサージで刺激することで目の疲れが解消されます。日々続けて行うことでより効果が高まります。四つ目は「サプリメント」です。眼精疲労回復効果があるブルーベリー等に多く含まれるアントシアニンやドライアイや老眼、疲れ目を予防するといわれているビタミンEなどをサプリメントで摂取することで体の内側からアイケアをすることが出来ます。また、サプリメントで摂取することで、普段の食事ではなかなか取るのが難しい栄養素を補うことができ、体の健康維持も出来るようになります。続けていくことで効果が現れます。

疲れ目役立ちグッズ

女性

仕事でパソコンを使う機会が増えています。プライベートでも、SNSやゲーム等によってスマホ等を使う機会が増えています。モニターの見すぎによる、眼精疲労、視力の低下、頭痛や肩凝りに悩ませられる人にとって、アイケアが重要になっています。アイケアとして、一番簡単に行えるのは目の周囲を自分でマッサージすることです。こめかみの辺りを軽く10回ほど押すだけでも、疲れ目に効果が有ります。更に、効果を上げたいときはアイケアのグッズを使用すると、疲労の回復が促進されます。お手軽なグッズとしては、アイマスクが有ります。アイマスクを温めて、夜寝るときに使用するとアイケアだけでなく、ぐっすりと睡眠ができ翌朝疲れもスッキリと取れます。仕事中であれば、疲れ目に効く目薬も効果的です。パソコンを見続けて固くなった眼球を、和らげる効果が有ります。目薬も、色々な種類が出ていますので自分に合った目薬を使用する事が大切です。サプリメントを摂取して、体内からアイケアを行う方法も有ります。目の疲労、視力の低下等、サプリメントは、目的によって必要な栄養素が変わってきます。サプリメントは、速効性は有りませんので、摂取し続ける事で効果が出てきます。また、蒸気やアロマ等を使用したアイケア製品もあります。初めは、アイマスクや目薬を上手く併用して、疲れ目や視力の低下の対策をすると良いです。それでも、改善されない場合は、眼鏡が合っていないことや、他の目の病気も有りますので、眼科などに相談をしてください。

手軽な眼球トレーニング

女の人

スマホの画面が見にくくなった、本や雑誌の文字が読みづらいなど、40代半ばを過ぎると老眼の症状が現れ始めます。しかし、まだまだ大丈夫だと高を括ることや、老眼鏡をかけるのは恥ずかしいと放置していると、ますます悪化させてしまいます。頭痛や吐き気などの症状が現れることもあるので、早いうちに対処することが大切です。初期症状のうちなら、自分でアイケアをするだけで、老眼の症状を食い止め、改善することも可能です。多くの人が実践しており、口コミでの評判が高いものも多いので、いくつかご紹介しましょう。1つ目は、スマホのアプリを使ったアイケアです。3D画像を見て老眼回復トレーニングを行うもので、楽しみながらできるのも魅力です。ゲーム感覚でやっているうちに老眼が改善していたという人も多く、実践してみる価値はあるでしょう。2つ目は、眼球トレーニングです。目をぎゅっと閉じてからパッと目を見開き2秒間静止したり、眼球を360度ぐるりと回すなどの方法です。ちょっとした空き時間に簡単にできるので、気軽に始められます。3つ目は、ホットタオルで目を温めるアイケアです。濡れタオルを電子レンジに入れ蒸しタオルを作り、目の上に乗せるだけです。眼精疲労を改善すると、近くの文字を見やすくなった人も多いようです。このように、簡単にできる色々なアイケアの方法があるので、老眼の初期症状に悩む人は、試してみてはいかがでしょう。老眼鏡なしで過ごせる時間が、大幅に延長できるかもしれません。